ロードバイク時々ものづくり

ロードバイクおよびゲーム開発について

Lightwaveにユニティちゃんを読み込む

Lightwaveにユニティちゃんをキレイに読み込む方法について。

f:id:vrcycling:20161004223607j:plain

モデルの読み込み

\UnityChan\Modelsフォルダに入っている、unitychan.fbxを開く。

f:id:vrcycling:20161004224121j:plain

ダイアログが出るので続行。チェックを入れた場合は、メッシュごとにレイヤーを分けて開く。チェックを入れない場合は、全て同じレイヤーで開く。

f:id:vrcycling:20161004224239j:plain

テクスチャの貼られていないポリポリした状態で読み込まれる。

テクスチャを貼りなおす

f:id:vrcycling:20161004224532j:plain

色・質感編集を押してエディターを開く。同じUVを使用しているので手間を省くためにすべてのサーフェイス名をまとめて選択し、「色」の横の「T」を押す。

f:id:vrcycling:20161004224849j:plain

「投影」を「UV」にし、UVを「map1」にする。
画像は\UnityChan\Models\UnityChanShader\Textureフォルダにある、body_01.tgaをとりあえず貼る。

f:id:vrcycling:20161004225045j:plain

全部に同じ画像が貼られるとこうなるので、画像を合わせていく。
名前のあった画像と入れ替えながらやっていけばすぐできる。

f:id:vrcycling:20161004225341j:plain

だいたいこんな感じになる。ポリポリしているので全サーフェイスを選択して、「スムージング」にチェックを入れる

f:id:vrcycling:20161004225602j:plain

髪の毛や頭のリボン、服の一部のサーフェイスが片面ポリゴンになっているので、サーフェイスに「両面」のチェックを入れる。

f:id:vrcycling:20161004225822j:plain

目とチークが透過していないので設定をする。

f:id:vrcycling:20161004230057j:plain

透過させたいサーフェイスの「透明度」の横の「T」を押して開く。

f:id:vrcycling:20161004230156j:plain

画像を設定したときと同じようにUVの設定を行なう。この画像の場合「レイヤー反転」にチェックを入れる必要がある。

f:id:vrcycling:20161004230502j:plain

目とチークが透過されてほぼ完成。

顔のサーフェイスが分かれてて境界が見えているので、ポイント結合した方がいいかも?

f:id:vrcycling:20161004230623j:plain

顔と目の周りのポリゴンを選択肢、「M」キーを押して結合すると境界が消える。

 

Lightwave側での設定は以上。Unityに戻したときにまたおかしくなれば後日追記など行なう予定。

 

 参考:

http://shinjuwankougeki.web.fc2.com/tex.html

f:id:vrcycling:20160313000435p:plain