ロードバイク時々ものづくり

ロードバイクおよびゲーム開発について

VR PARK TOKYOに行ってきた

f:id:vrcycling:20161230235146j:plain
コミケ出展の翌日、渋谷にあるVR PARK TOKYOに関西コミケ参加メンバーと連れ立って行ってきたのでその感想など。

場所は渋谷駅から徒歩10分ほど。アドアーズ渋谷店の4階。
プレイ料金は70分で2900円(2名以上の場合)。
体験できるコンテンツは6つで時間内に、好きなものをプレイできる。
入場時にはお馴染みのニンジャマスクを渡される。
HMDはViveおよびGearVR。
以下コンテンツ毎の感想。

•ソロモンカーペットVR
空飛ぶ魔法のカーペットに乗り、敵を倒して行くコンテンツ。カーペット自体が動く体感型アトラクション。
カーペットの動きがゲーム内と連動していてかなり良い。
また、ケーブルレスな背負えるPCが動きの邪魔にならず、カーペット内を自由に動き回れるのも魅力的。
これこそわざわざ足を運ぶ価値のある体感コンテンツだと思った。
ただ欲を言えばゲーム自体が微妙だった。敵を撃つくらいしかなく、腕が疲れる。もう少し違う行動パターンが取れたら良かった。惜しいが今後改良していくと、偶然出会った開発プロデューサーのお言葉に期待。

•協力!ゴーストアタッカーズVR
某映画のように洋館に潜むオバケを光線銃で倒していくコンテンツ。
2人協力型で1人はVRを使わず、タッチディスプレイでサポート役となる。
今回はVR側でプレイ。ゲーム自体はオーソドックスな作りで完成度は高い。
しかしヘッドホンなしでナビされるため、周りの音に紛れてサポートが聞こえなく非常に惜しい。
VR側は避ける動作なども必要で終わったら汗だく。サポート側の方もプレイしたかった。

•サークルオブセイバーズ
次々に出現する敵を剣でバッサバッサと切り倒していく1人用ゲーム。
クロマキー合成により自分がゲームの中に入っているのが第三者も見ることができる。だがしかし第三者は見てて楽しいが、プレイヤーとしては普通のVRコンテンツに過ぎない。
録画しといて後で渡してくれたりするととてもいいコンテンツなのだが。

•体感ホラーVR
GearVRでホラー体験をする、というコンテンツ。椅子が連動して動いたりエアーが出たりする。
が、映像自体がかなり良く無い。単純にクオリティが低い。途中で投げ出したくなった。これは正直回避推奨、他のを優先しよう。

•だいぶハード
高所体験型コンテンツ。VR初体験の人は良いのかも?高所恐怖SHOW体験済みとしてはイマイチ。
ゲームをさせたいのか高所体験させたいのかコンセプトからのブレがあるように思えた。下手に敵を出したことにより、下を見ずに敵を注視してしまい視線誘導に失敗していた。うーん。

というところまでプレイしたところでタイムアップ。野球のはプレイできず。
ソロモンカーペットは体験の価値が高いし今後に期待。

関西にもVR施設ができてほしいがこの施設の盛り上がり次第か。盛り上がることを願う。