読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク時々ものづくり

ロードバイクおよびゲーム開発について

しまなみ海道〜道後温泉と「このセカ」巡り

サイクリング ロードバイク

先週の金曜の打ち上げで突然社長から発表された一週間のリフレッシュ休暇。あまりに突然のことプラス冬なので旅行は難しいかなと思ってた中、レンタカーで旅したら?というアドバイスをもらう。

当初は春頃に走る予定の金沢あたりの温泉にルートの下見がてら行こうと計画。しかし連日の寒波の影響でスタッドレスタイヤなしでは難しく、近辺のレンタカー屋に取り扱いがない。

ならばスタッドレスなしで行ける温泉に行こうと思い出したのが道後温泉だ。以前四国一周を試みた際、天候の悪化によりやむなく断念し行けなかったからだ。

場所は愛媛県松山市しまなみ海道から45kmほどの場所だ。その距離ならチャリで走れるのでは?と思い天気予報を見ると、水木快晴に加え気温も10度を超える陽気。当初のレンタカーはどこかへ行き、輪行+チャリになった。

f:id:vrcycling:20170216154117j:plain新大阪から新尾道まで輪行。こだまで乗換無しで1時間45分で着くからかなりお手軽にしまなみ遠征が可能。

新幹線の車内で目的地付近の地図を確認してたところ、松山から呉への航路を発見。ちょうど「この世界の片隅に」を見て呉にもう一度訪れたいと思っていたところ。しまなみ往復して帰る予定だったが、呉を経由して広島から帰宅することにした。

f:id:vrcycling:20170216175413j:plain
新尾道駅から尾道駅まで走り、フェリーで向島に。尾道ルートはこのフェリーを使うのが定番ルート。

f:id:vrcycling:20170216175706j:plain
最近の悪天候から一点、晴天に恵まれ暖かく絶好のサイクリング日和。

f:id:vrcycling:20170216175732j:plain
しまなみ海道の特徴は連なる島々を橋を渡って四国へ行くことだ。以前はこの橋はすべて有料だったが、現在はサイクリングによる観光誘致として期間限定で無料化されている。毎度チケットもしくはお金をとりださずに進めるのでとてもスムーズ。f:id:vrcycling:20170216180052j:plain
しまなみ海道の中間地点にあるサイクリストの聖地碑。冬で平日のためかサイクリストはほとんどいなかった。
しまなみは交通量や信号も少なくとても走りやすい。初心者にもオススメできるサイクリングスポット。橋がちょっと高いところにあるので毎度登るのがややきついけど。

f:id:vrcycling:20170216180522j:plain
とても走りやすかったため快調に飛ばしついつい何も食べずにしまなみを出るところだったので最後の出口付近の道の駅で海鮮丼。写真よりボリュームがある珍しいパターンで腹いっぱいに。道後温泉までまだ60km近く走る前としては多すぎた・・・。

この後の道後温泉までのルートはしまなみとは異なり、狭い路側帯の車道が続くため初心者向きではなかった。また、海沿いのため海風も強くなかなかきつかった。

f:id:vrcycling:20170216180905j:plain

f:id:vrcycling:20170216181130j:plain
久しぶりの100km越えのため脚が売り切れたので惰性で走りつつ道後温泉に到着。「千と千尋の神隠し」のモデルになった温泉でこの建物を生で見たかった。宿の温泉しか使わなかったから入浴はしなかったが。

f:id:vrcycling:20170216181542j:plain
夜はこんな感じでなかなか幻想的。

f:id:vrcycling:20170216181702j:plain
この辺は鯛めしが名物だそうだが、魚を2連続で食べるのも微妙なのでお好み焼きにした。広島ちかいから広島風だ。そこそこの味だが、竹原で食べたほぼろ焼きがお好み焼きの中では最強かな。

f:id:vrcycling:20170216181906j:plain
翌朝ひとっ風呂入った後に松山観光港からフェリーで呉へ。約2時間の船旅。

f:id:vrcycling:20170216182045j:plain
呉に近づくと海上自衛隊の艦艇がお出迎え。ただただカッコイイ。

f:id:vrcycling:20170216182148j:plain
くれ観光プラザに行き、このセカのロケーションマップをゲット。あと海自カレーマップも。

f:id:vrcycling:20170216183540j:plain
映画にも出てきたらしい小春橋。

f:id:vrcycling:20170216183640j:plain
呉地方総監部。土日は予約してれば見学できるらしい。

f:id:vrcycling:20170216183740j:plain
造船所。でかい。スケールがハンパない。圧倒的。

f:id:vrcycling:20170216183840j:plain
病院前の階段。お義父さんのお見舞い行ったとこのシーンだったかな。

f:id:vrcycling:20170216183938j:plain
海自カレー。船ごとにレシピが違うらしく、再現して認定された店のみ海自カレーを名乗れるらしい。味はフツーにうまい。大きな特徴は特にないが毎週食べても飽きない味になってると思う。自分の好みのカレー。

f:id:vrcycling:20170216184225j:plain
腹も膨れたところで呉を後にして広島へ。たぶん正面の街並みが広島。だいたい30kmくらい。暖かい南風が追い風となり行きと比べて快適に走り抜けた。

f:id:vrcycling:20170216184421j:plain
広島到着。何度か広島近くに来ては天候や体力などの問題で来れなかった原爆ドーム。雰囲気が変わる。ここは日本人より海外からの観光客が多かった。

f:id:vrcycling:20170216184647j:plain
旅の最後は相生橋。子供の頃にすずと周作が出会った場所。原爆ドームに隣接している。もう一度観たくなった。

広島駅へ行き新幹線で帰路に着く。サイコンのマウンタのツメが折れて正確な距離が測れなかったが、1日目125km、2日目45kmくらい。ひさしぶりに100km越えして脚パンパン。

急遽このセカ巡りを加えたけどかなり良かった。満足できるチャリ旅になった。近畿、中国、四国はだいたい回ったので今後は北陸や九州を巡りたい。