ロードバイク時々ものづくり

ロードバイクおよびゲーム開発について

【Unity】2020年にAndroidアプリをリリースしてみて

Android向けアプリをリリースしました。
この記事はその過程で調べたことなどをメモ的に残したものです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.atabogames.kifunarabe

f:id:vrcycling:20200208155751p:plain

将棋を勉強するときに使えるお助けアプリです。
自分でほしいなと思った時にぱっと見つからなかったので作ることにしました。

Androidアプリを作ってリリースするのは相当久しぶりです。
以前はFlashで開発していたのですが今回はUnityで開発しました。
Unityでしかも2Dはあまり経験がなかったのでいろいろ調べながら作りました。

今回使用したUnityのバージョンはUnity 2019.2.19f1。
最初は2018.4.3f1を使用していましたがNDKが必要になった際にモジュール追加がしやすい2019系統の既にインストールしていたバージョンに切り替えました。

2D開発設定

SpriteとuGUIのどちらを使おうか悩んだが今回はSpriteをメインに。
ひとまず所持している端末(Garaxy S6 edge)の解像度に合わせて1080*1920を基準にすることに。
とりあえずプロジェクト作成時に2Dで作成。
カメラの合わせ方は1080*1920のスプライトをシーンに配置し、カメラの範囲がその画像に合うように、カメラの設定のProjectionを「Orthographic」、Sizeを「9.6」にしてぴったり合うようにした。

f:id:vrcycling:20200208164254p:plain

今回のアプリは縦画面固定なのでDefault Orientationを「Portrait」に。

f:id:vrcycling:20200208164356p:plain

2D設定はとりあえずこんな感じで。

ビルド設定

一通りアプリができた後にストアにアップしたところ、
「このリリースはGooglePlayの64ビット要件に準拠していません」というエラーが出ました。
これについては下記を参考に設定したところエラーはなくなりました。
・【Unity】Google Play の 64 ビット要件に準拠していません
https://qiita.com/nonkapibara/items/a708b856a496a96ccec5

広告設定

ニッチなアプリなので最初は有料アプリとしてリリースしようと思っていましたが有料アプリの場合は住所の公開が必要とのこと。
気軽にリリースするつもりが住所まで公開となるとちょっと。。。ということなので広告を入れることにしました。

過去に出していたアプリでも広告を入れていてそちらもUnity用のSDKがあるみたいでしたが、今回は実装記事が多くあるGoogleのAdMobにしてみました。
https://admob.google.com/home/

基本的な実装は下記などを参考にしました。
・[Unity] AdMob 広告をAndroidに実装する
https://uni.gas.mixh.jp/unity/android-admob.html

・Unityで作ったゲームにAdMob広告を実装したい!!
https://freesworder.net/unity-admob-banner/

上記サイトの方法で設定した場合タイトル画面からメイン画面までずっとバナーが表示されてしまうため、「bannerView.Hide()」や「bannerView.Show()」で画面によって表示する、しないをコントロールしました。

これで広告設定は以上です。

 

ここまでで今回のアプリリリースで調べたことは以上です。
次はゲームアプリを作りたいと思います。